vv
メニュー

「安全性を重視した誠道方式」

ユニークなプログラム

 誠道空手の特色は安全性です。従来の空手の持つ危険なイメージとは全く異なる誠道塾独特のプログラムによって、どなたでも空手を楽しく学ぶことができます。

  カリキュラムはニューヨーク誠道塾総本部の指導要領に準じます。アメリカで最も受け入れられている誠道塾空手のプログラム、いわば「逆輸入空手」を体験していただけます。

独自のベルトシステム

 帯の色に合わせた、独自のカリキュラムにより初級から高度なテクニックまで、無理なく順を追って習得できるようになっています。

 組手は、グリーンベルトになってから行われます。ホワイト・ベルト、ブルーベルトでは基本を学び、アドバンスド・イエローで約束組手を学びます。これは基本と組手のブリッジ役を果たし、グリーンベルトになる頃にはスムーズに組手に入っていけるだけの力がつくように考えられています。

 なお、組手の際は、誠道塾の特色である安全性を重視し、顔、手、足などにセーフティ(安全具)を付けることが義務付けられております。