vv
メニュー

誠道塾が目指す人間空手

ニューヨーク世界誠道空手道連盟主宰
中村  忠

 私はかねてから今日のように空手が「力のみ」「強さのみ」を誇示し、これを第一主義とする風潮に大いに心を痛めてきました。現代の空手はあまりにも競技化され、ゲーム化され、商業化され過ぎています。

 私は将来の日本の空手道に不安の感を強めているひとりです。日本人が東洋の「心」、武の「心」、をないがしろにしているうちに、外国では空手に真剣に取り組もうとする人々がたくさん出てきております。

 誠道塾ニューヨーク総本部では子供から大人まで、特に熟年を過ぎた60才以上の男性女性が数多く稽古を続けています。これはなぜかというと,誠道空手が彼らの生活の中に溶け込んでいるからであり、これこそ私が長い間理想としてきた空手の姿なのです。

 空手は大会に勝つためのものでも、強者をいっそう強者にするためのものでもなくもっと大局的に、人の道を教え、空手を学ぶものが少しでも大きく人間形成し、それぞれが社会に立派に寄与貢献できるようにするためのものなのであると私は信じております。

 力よりも技、技よりも心。

 誠は天の道なり。これを誠にするは人の道なり。